vol.22 ~フランスでも「EU離脱派」が大統領になるのか~

参考URL http://toyokeizai.net/articles/-/168141

とうとう、フランスでもEU離脱が焦点となってきた。グローバリゼーション崩壊の流れは止められないのか?背景はやはりシリア難民問題による治安悪化・テロ危機と低賃金雇用問題にあるのは間違いない。主な立候補者は中道・極右・極左の3分裂となり、有権者は分かりやすい大統領選挙となった。

辛うじて中道がトップを維持しているが、極右も僅差で、極左が急激に追い上げているのが現状だ。アメリカ大統領選と同様で、この勝者になるために必要な最大の要素は、「カリスマ(パフォーマンス)性」「品性」であることは過去の大統領を見ても分かる。少なくとも、日本のような「知名度」や国民の賢さが問われる「政策の良し悪し」では無さそうだ。

となると、トップを走る中道派のマクロンは38歳の若さにインパクトを、極右のルペンはトランプ旋風(ナショナリズム)を追い風にしてくるはずだ。

前者はEU残留を、後者はEU離脱を明言しているが、EUへの関わり方に関しては中道っぽく~とりあえず国民投票を~という極左のメランションの台頭もある。

一向にテロが止まず、観光経済に大打撃となっているフランスにとっては、今回の大統領選はフランスの未来を決める選挙と言っても過言ではない。しかし、何れを選択しても、治安か経済かのどちらかに不安が残ることで、次期政権も不安定な舵取りを強いられるため、かなりのリーダーシップが求められるだろう。

で、ふと周辺国を見てみると、3日前、改憲の是非を問う国民投票が行われたトルコでは、大統領権限の強化を謳うエルドラン大統領派は勝利した。そして、昨日、イギリスのメイ首相がに、EU離脱を焦点とした総選挙を実施することを発表し、数の力で離脱反対派の野党を押さえ込もうと動き出した。

選挙という正当な手段を使って政権の安定を図るこれらの国と国内分裂が目前となるフランスの結末はいったいどうなるのだろう?

日本は明らかに前者に近いが、背後には国内が分断されたアメリカがいる。不思議な状況下、北朝鮮のことばかりではなく、ヨーロッパ情勢にも関心を持つべきではなかろう。

by 世界史講師 佐藤幸夫

 

佐藤幸夫プライベートHP
http://yukkyworld.info/

佐藤幸夫オフィシャルTwitter
https://twitter.com/yukky_yozemi?s=09

Please follow and like us:

vol.21~「強力な艦隊」派遣とトランプ氏、北朝鮮は核攻撃を警告 | Reuters~

参考URL http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17E0GF

「アメリカは日本にある米軍基地は守るが、日本人自体を助けることには主眼を置かず、攻めに戦力を傾け、相手の戦闘能力を無にすることに専念する」

これが私の持論であり、他力本願になる日米安保の限界を今だからこそ感じて欲しい。

ご存知の通り、シンガポール付近にいた大空母(飛行機が50機くらい乗る空港付き艦隊かな~)が朝鮮半島に向かっていて、あと1週間もあれば、5分で朝鮮を空爆できる位置に移動する。これは北朝鮮への威嚇であり、対北朝鮮へのさらなる制裁協力に乗って来ない中国への、他の国誘ってやっちゃうよ~という最後通告のようなものでもある。

さらに、もう1つ。アメリカが中国に本気度を示したのが、先日の米中会談中に行われたシリア空爆。ウチはやる時はやるよ~今までのオバマのへなちょこ外交とは違うから!的な意味合いを持つこの空爆は「シリアが化学兵器を使った疑いがある」何て言う理由は関係ない(アサド政権側が化学兵器を使った疑いは初めてではない)。もともと、アメリカは本気でシリアを潰すための空爆をしていないことは明らかだからだ(アメリカが約60発のミサイルを本気でシリアに打ったら、アサドの軍地基地の大半は破壊できるからね~)。ただ、正直、アメリカとの友好な貿易体制を維持したい習近平は決断に追い込まれているはずだ。

しかし、ロシアは怒っている。まあ~前述した理由もあるので、あまり、イキリ立ってはいないが・・・。

以前からロシアはアサド政権を支えてきた。さらに、トランプ就任前後で彼はロシアのプーチンに対してかなり好意的に接近していた。アメリカは中国を引き込むために使った「切り札」で、ロシアの信頼を裏切った形となったわけだ。

昨日、ティラーソン米国務長官とラブロフ露外相が会談し、ラブロフは「簡単に、敵・味方の選択を迫るな!」とティラーソンに一喝した。

アメリカによる北朝鮮への空爆が時間の問題になった時、我々日本人には逃げ場はないだろう。アメリカのシナリオは、北朝鮮による韓国・日本への攻撃の前に、「電撃戦(短期決戦で敵の遊撃部隊を殲滅させることですよ~)」で勝敗を決めることに間違いない。イラク戦争よりは戦略的にも攻めやすいが、反面、神出鬼没の北朝鮮陸軍や工作員による破壊行動は防げない。

今回、楽観的に「ただの脅し」で済めば「ただの杞憂」には終わるが、いつしか必ず起こり、必ず巻き込まれるだろう有事に対して、日米安保の強化は無策であると、政治家は勿論、国民すべてが気付くべきである。

フランスにダッコされた貧弱な永世中立国(平和外交)だった第一次大戦前のベルギーではなく、大国に挟まれているにも拘わらず1度も攻められたことのない軍事大国スイス
の歴史に学ぶところがあるはすだと。

by 佐藤幸夫(代ゼミ世界史講師)

 

佐藤幸夫プライベートHP
http://yukkyworld.info/

佐藤幸夫オフィシャルTwitter
https://twitter.com/yukky_yozemi?s=09

Please follow and like us:

vol.20 ~イェルサレムの侵してはいけない一線とトランプの狙い~

参考URL http://www.news24.jp/articles/2017/03/18/10356828.html

イスラエルには実質上、首都は2つある。1つは勿論イェルサレムたが、3宗教の聖地であることに加え、パレスチナ政府が東イェルサレムの返還を要求していることで、宗教絡みの特にイスラーム教国の顔色が気になるわけだ。そこで、首都機能は、海外沿いで国際空港に近いテルアビブに置いているため、多くの国の大使館はほとんどテルアビブにあると言い訳だ。

もし、大国アメリカの大使館をイェルサレムに移すとなったら、イェルサレムに首都機能の一部を移したと同然になり、このイェルサレム全体を完全にイスラエルのモノと認めたこととなる。

当然、パレスチナ人によるデモやテロは必至で、さらに、最近静まり返っているイスラーム過激派を刺激することは間違いない。これは、ただのトランプ節なのだろうか?

憶測でしかないが・・・

トランプが最大の狙いとしているのは、とりあえずは目先の経済成長。国内産業に成長材料は薄く、ドル高で輸出も厳しい。そこで考えられるのが武器輸出。イラク・トルコに加え、イスラエルに更なる武器輸出を狙う。必要なものは「戦争」。

歴史は語る。「平和」で経済は凋落し、何者かが「戦争」を作る。「戦争」で周辺国が栄える。当事国は破壊され、新たな秩序が生まれて、遅れて発展する。そして、いつしか、また「平和」になる。

もし、トランプが今の変化の時と判断したのなら、この「小さな発言」はまだ、人生ゲームで何色の車に乗るかを決めた段階に過ぎない。

 

佐藤幸夫プライベートHP
http://yukkyworld.info/

佐藤幸夫オフィシャルTwitter
https://twitter.com/yukky_yozemi?s=09

Please follow and like us:

【イベントレポート】『国際情勢講演会』

 

0513 国際情勢講演会

 

こんにちは! 佐藤幸夫事務局でイベント運営を担当している寺道です。

今回は5/13(日)に行われた『国際情勢講演会』のイベントレポートをしていきます。

 

 

トークテーマ

第1部「大トルコ史夏ツアー事前説明会」

世界史講師・佐藤幸夫による第53弾世界史スタディーツアー参考説明会です。
第54弾は、2018年8月22日~8月28日の7日間でトルコへ向かいます。
アジアとヨーロッパにまたがる世界で唯一の国トルコでは自然や歴史が創り上げた世界遺産の数々に出会えます。
人気のイスタンブールやカッパドキアはもちろん、イスラム神秘主義の発祥地として知られるコンヤ、
真っ白な石灰棚が美しいパムッカレへも訪れます。ツアー後半にはイスタンブルをフリーに観光できる日程も用意しております。
今回の説明会にて、トルコを知り尽くしている佐藤幸夫ならではのガイドで楽しめる、ツアーの魅力をご紹介させて頂きました。

第2部「国際情勢講演会」

①朝鮮半島情勢
②米中関係
③シリア情勢とイランの核合意
④非核化について
⑤分離独立について
⑥その他の国際情勢と日本
⑦さとうゆきおへの個人的な質問

 

 

それでは早速、イベントレポートです!

13:30 第1部スタート

1

最初に、2種類ある夏のトルコツアーの説明から始まった第1部のツアー説明会。

実際にツアーで訪れる予定の観光地の写真をスライドに映しながら、ツアーの魅力をご紹介させて頂きました。

 

 

15:15 第2部スタート

2

新大学1年生から社会人の方まで、幅広い年代の方にご参加頂いた第2部「国際情勢講演会」。

世界史と国際情勢を上手く融合させ、参加者の方から頂いた気になるトピックに焦点を当て、切り込んでいく。

後半は参加者の方から頂いた質問に答えるコーナーが設けられ、笑い声に包まれながら講演会は終了した。

 

 

今回講演会に参加された多くの方から、今世界で起きていることに関心を持ち、世界史の観点から国際情勢を考え直すことで、
物事を様々な角度から捉える良い機会になったとの意見が寄せられました。

始終良い雰囲気の中、無事に講演会を終えることができました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

また、5/20(日)には、世界一周団体TABIPPOの旅大学での講演『旅を深める世界史(各国・地域別の世界史を楽しく学びなおす)』

を開催いたします。ぜひそちらにもご参加ください!!

 

■旅人のための「旅を深める世界史」

http://tabi-daigaku.jp/lessons/308

http://tabi-daigaku.jp/lessons/308

Please follow and like us:

Passport

Please follow and like us:

世界史講師 佐藤幸夫と行く世界史スタディーツアー 中・東欧

14718753_665441860279521_7338252811924630718_n

【世界史講師 佐藤幸夫と行く世界史スタディーツアー 中・東欧】
~待望のアウシュヴィッツ強制収容所、中世都市クラクフ、ガラスとフスの街プラハ、ハプスブルク家の栄華を語るウィーンをめぐる9日間の旅~

■開催日時 :3/6(月)~3/14(火)〈9日間〉

■宿泊国 :ポーランド、チェコ、オーストリア

■ツアー工程:こちら

■魅力写真はこちら

3/6(月)~3/14(火)の8泊9日のツアーで、世界史で学んだ待望のアウシュヴィッツはもちろん、中・東欧が誇る8つの世界遺産を巡る魅力満載のツアーです!
ポーランドのクラクフ・ワルシャワ、チェコのプラハ・チェスキークロムロフ、オーストリアのウィーンなど中世の面影が残る美しい街だけを厳選しました!!

■このツアーはここが違う
このツアーは「代々木ゼミナール世界史講師 佐藤幸夫」がHISとコラボして、独自の観光ルートを作り出したもの。
他社には絶対に存在しない、歴史と芸術に特化したスタディーツアーです!!

☆1 最強世界史予備校講師の歴史Lectureが2度も!
☆2 実質6日間の滞在で世界遺産をなんと8ヵ所も!
☆3 アウシュヴィッツ観光は半日を費やし、じっくり考える!
☆4 中世都市を結ぶ寝台列車でヨーロッパを感じる!
☆5 美術館の多いウィーンは丸1日フリーでゆっくり楽しむ!

■旅費:【一般】¥237,000 【ランド】¥160,000
※一般参加には、別途徴収費:¥23,700が掛かります。(成田空港施設使用税、燃油サーチャージ、出入国税)

■受付日:【ランド】11/16(水) ~ 11/23(水)
【一般】12/11(日) ~ 12/18(日)
※定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早めに受付をお願いします。

■受付方法:フォーム受付のみ  受付フォームはこちら
※上記期間外での受付は対象外となりますのでご了承下さい。

■受付詳細:こちらをご覧下さい

沢山のご参加お待ちしております。

 


 

Please follow and like us:

中・東欧ツアー 魅力写真

Please follow and like us:

【イベントレポート】”世界の今を知る”国際情勢講演会

%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%914

こんにちは! 佐藤幸夫事務局でイベント運営を担当している星野です。

今回は10/23(日)に行われた

<代々木ゼミナール世界史講師 佐藤 幸夫が語る!>

中欧&アウシュヴィッツtour説明会/国際情勢講演会
の様子をレポートしていきます。

イベントの詳細はこちらからご参照ください!

 

佐藤幸夫主催〝国際情勢講演会”って?

 

佐藤幸夫主催〝国際情勢講演会”とは、年に2回オリンピックセンターにて佐藤幸夫自らが取り仕切る講演会のこと。

例年4月と10月に行われ、ツアーの魅力を説明する1部と現在の国際情勢を語る2部から構成されています。

お客様は代々木ゼミナールに通われていた佐藤幸夫の教え子から、全く授業を受けたことがない方までと幅広く、

佐藤が行うイベントの中で最も規模が大きいことがこのイベントの特徴です。

 

そんなトークイベントにて今回、〝空飛ぶ世界史予備校講師である佐藤が話した講演内容とは・・・?

早速、イベントをレポートしていきます!

 

13:30冬ツアー説明会スタート

 

イベントのオープニングは「中欧&アウシュヴィッツツアー紹介PV」からスタート。

今年の冬ツアーで訪れる世界歴史遺産の魅力や、ツアー中の雰囲気が掴めるので、

参加を迷っている方は是非ご覧ください!

 

 

当日は佐藤幸夫が発行しているフリーペーパーも貰えます!

3216

 

イベントでは当日流れるスライド資料に加え、佐藤幸夫がオリジナルで発行しているフリーペーパーも配布されました。

タイトルは「Passport-道が教えていること-」。

佐藤幸夫が執筆したコラムや、イベントのご案内など情報が盛りだくさん。

後日、当HPでもアップロード予定ですので、イベントにご参加頂けなかった方は要チェックです!

 

冬に行われる中・東欧ツアーの魅力を紹介

16%e7%a7%8b%e5%86%ac%e5%8f%b7p3-p4

冬ツアー説明会では、スライドでお写真を映しながら配布されたPassportのツアー紹介ページを踏まえ、

 

2017年3月7日から9日間で行われる中欧&アウシュビッツツアーの魅力を紹介。

説明会にはなんと40名以上の方にご参加頂きました。

冬ツアー自体の定員は30名強ですので、ご参加連絡はお早めに!

一般受付は12/11(日)からスタートです。

 

15:15国際情勢講演会スタート

%e6%83%85%e5%8b%a2%e4%bc%9a%ef%bc%92

15分の休憩をはさんで第2部国際情勢講演会が始まります。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

この言葉から始まった今回の特別講義。

歴史を知り尽くした佐藤しかお話しできない現在の国際情勢をわかりやすく説明していました。

 

2016年上半期の国際情勢にまつわるテストを実施

%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88

お客様がただ聞くだけではなく、ご自身で参加しながら知識を身につけて頂くため当日は佐藤幸夫「お手製」のテストも実施いたしました。

ぜひ持ち帰って復習し、本日の学びを教養へ生かして頂ければ幸いです^^

 

17:00イベント終了

%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc

今回のイベントは158名もの参加申込みを頂き、大好評にて幕を閉じました。

誠にありがとうございました。

 

今回を逃してしまった!という方は、12月17日(土)に行われるHISコラボイベント第2弾に是非お越しください!

詳細は後日佐藤幸夫公式facebook&当HPにてお伝えいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

佐藤幸夫公式facebook

佐藤幸夫公式twitter

 

 

Please follow and like us:

Vol.18 ~プミポン国王が変えた立憲政治の理想~

参考記事:http://www.afpbb.com/articles/-/3104427

南アフリカとモザンビークに挟まれた小さな国、スワジランドという国に、生後まもなく即位し約83年間君臨していた国王がいた。ラーマ9世、プミポン国王はそれよりは13年短いが、それでも70年間国王として影響を持ち続けた人物である。タイという国は国際的影響力も強く、スワジランド全人口約100万人の67倍、約6700万人も住む国である。

 ミュージカル『王様と私』で渡辺謙が演じたラーマ4世の子ラーマ5世(チュラロンコン)は、タイを近代化させた人物として、多くの日本人が耳にしたことのある名前だ。そのラーマ5世の子ラーマ7世の時代に事件は起こった。

近代化による財政難に世界恐慌が追い討ちをかけ、タイの国家財政は破綻寸前となり、1932年人民党による立憲革命となった。新政府に利用されたくないと思ったラーマ7世はイギリスへと亡命した。その後を継いだラーマ8世もしばらくは学業に専念するということで、第二次世界大戦中もスイスに滞在し続け、帰国後まもなく、1946年に暗殺された。5人の容疑者は最後まで容疑を否認し続け、確固たる証拠がないまま死刑が執行された。

王室の浪費、立憲革命、海外亡命、海外滞在、そして謎の多き暗殺と続いたチャクリ王室に対する国民の支持と敬愛は次第に薄れていっていた。

そんなときに即位したのが、怪死したラーマ8世の弟プミポン国王だった。立憲王政という隠れ蓑で民政移管と軍事クーデタが繰り返えされていた時代。不安定な情勢に、二十歳そこそこのプミポンは「象徴」に過ぎなかった。

しかし、共産主義の波が荒れ狂う1960年代半ば頃から、軍部×学生・市民に対しては完全に中立な立場を貫き、様々な利害関係の調停役に徹し、不安定な国政の安定を目指す国王ね姿があったのだ。67年に成立したASEANでは東南アジアのリーダー的存在ともなった。

私も記憶している1992年の軍部政権×民主化運動。その際、プミポン国王が両者のリーダーを玉座の目の前で正座させ、叱りつけ、騒乱を一夜にして治めたことを今でも忘れない。

また、2003年にカンボジアと国境にある世界遺産の領有権で小競り合いが起きた。一部のタイ国民が扇動されカンボジア大使館を襲おうとした際、諌める言葉を発表したことで、暴徒は直ちに消えた。

仏門に入ったこともあるプミポン国王の冷静沈着・明快無比な言動は、ラーマ5世の絶対王政以来のチャクリー王家の威信を回復させた。19世紀後半に行われた黄金のチャクリー改革を国政にも甦らせたのだ。
すべての店が早じまいし、多くの国民が黒系の服に着替え、国王の遺体を乗せた車が王宮へ向かう道路を埋め尽くした。

ある人は写真を持ち、ある人は花束を持ち、ある人は泣き叫び、ある人はうずくまったままだった。

新国王になる息子の評判は芳しくない。タイは新しい時代に向かっていくことになるだろう。主軸をうしなった凧はゆらゆらと落ちるしかないのかもしれない。しかし、プミポン国王が国民ひとりひとりに刻み込めた「バランス」の重要性を思い出し、必ずや浮上してくれると願っている。

「国王の遺体が王宮へ」
http://www.afpbb.com/articles/-/3104427

Please follow and like us:

Vol.16 ~オリンピックがもたらす真の意味と国民の意識~

Vol.16

【参考記事】 http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/23/olympic-flag-tokyo-2020_n_11670380.html

 

レスリングも400mリレーも応援したかったのですが、コーカサスは旧ソ連だったこともあり、ロシアやウクライナなど旧ソ連の国々が活躍できる競技しか放映されませんでした。だから、ドーピング問題で揺れた陸上があまり放映されないのは当然至極な話(T▽T)。…

それにしても、体格的に決して恵まれていない日本人が水泳も陸上も体操も卓球でも、「個人より団体」に強さを発揮できるのは、これぞ「日本万歳」と言えるでしょう。

海外では日本人はよく「アリ」に例えられます。コツコツ、計画的に、そして確実に。しかし、今回のオリンピックで新たに「力を合わせると象でも倒せるアリ」を世界に印象づけました。教育現場において「個の重視」が騒がれる昨今、個を磨くより重要なことを忘れてはいけないことを教えてくれたと思っています。

だから、泣ける。自分のためだけじゃなく、皆のためになける。そんな国民だから、日本人は優しい・誤魔化さない・信頼できると世界的な評価が高いのだと、世界を旅していて常々感じるのです。

今回のオリンピックは、日本の良さが際立ちました。そして、過去最大に不安山積だったリオ五輪とは違い、東京五輪への世界からの期待感も大きくなりました。
テロ不安少なく、治安良く、便利で、設備も最良。しかし、内からみればどれも万全ではありません。そのため、政府も東京都も全力をあげて、大量のお金を投資して、準備をしてくるでしょう。

ただ、間違えないで欲しいこと。
今回のリオ五輪も掛かった費用は北京五輪の20分の1、治安も設備も最悪でしたが、終わってみれば、決して悪い評価ではありません。

勿論、日本国民として立派で盛大な国際イベントが行われることは気分が悪いものではありません。しかし、自分達の税金が湯水のように使われていては本末転倒でしょう。しかも、国家プロジェクトとは言え、国民一人一人の今の生活の方が100倍大切なはずですから・・・。

今、日本が直面している問題は少なくありません。女性が働くこと、外国人が増えること、憲法が変わること、領土問題が外交問題になること、景気がいっこうに良くならないことなど。

あまり、「オリンピック」に気を取られ過ぎて、2020年以降、国民の不満だけが残ったということになりかねないのです。これから、都税や国税があがります。勿論、社会保障のためでなく、オリンピックという国家プロジェクトのために。

国民一人一人がしっかりと監視していかないと、一部の政治家に騙されかねません。血税は政治家にとってはワインであることを忘れてはいけません。政党関係なくです。勿論、悪いのはそう言う政治家をしっかりと監視できない国民の意識の低さにあるは当然です。

政治家の世界には敵や味方はありません。だから、ご贔屓な政党にこだわらず、国民はどの政治家をも敵のつもりで監視すること、彼らの給与が我々の税金である以上は、その義務?を有すると思っています。

東京五輪で、一部の政治家が私腹を肥やすことがないように……

追伸)
今回のオリンピックで活躍したスポーツ選手が政党の口車に乗って、次の衆議院選挙に立候補するのだけはやめて欲しいです。せめて、中3の公民と大学受験のセンター政経で満点を取れるくらいの知識を得てからにして欲しいと思うのは私だけでしょうか。。。

Please follow and like us: